2018年11月20日 火曜日

いわきで「まちヨミ」に参加

まちヨミっていうイベントに参加したのは6月8日先週の土曜日
久しぶりに常磐線「スーパー日立」で一人旅をしてきました

「同じ町の人が同じ時間に同じ本を読んだらいったい何が起こるのか...」
そんな不思議なイベントが「いわき」で開催されると聞いて
なんだか背中を押される思いがして参加する事にしたのです

題材の本は「ビジネスモデル・ユー」という本で
神田昌典さんが翻訳したもの

いわきの若者が自分達の将来をどのようにみつめ
何をしようとしているのか...
ひょっとしたら、そんな若者の行動から自分も何か刺激を貰えるかも知れない...
そんな期待があったわけですが..

テーブルは4人がけで、その仲間で様々なワークをします
そもそも読書会と聞いて想像していたのは
みんな押し黙って必死に本を読むのだろう..と思っていたら

ところが...これがなかなか本を読まない...
それでも、3分の制限時間の読書を3回くらいはやったかな...
テーマを決めて、それぞれが読みとった内容を、グループ内で発表し合う
そんなワークをするのです

でもこれが、その本の中身がなんだか判ったような気がするのがこれ不思議な感じです
これを速読っというのかなぁ
複数で読んだ情報を共有するから理解が加速するだろうな
同じテーブルの3人はそれぞれ個性があって魅力的な方々で、良い出会いになりました
全員ソーシャルで繋りもできたし

帰りに、懇親会なるものに参加してスーパー日立最終便で帰宅

で、このイベントの感想
読書会で起こる不思議な現象の一部に触れる事ができたし
確かにやり方次第では面白い事が起こる可能性を秘めているとは思う
でも今回はそこまで洗練された会という印象は受けなかった

願わくは、個人の能力開発の起点となる役割と同時に個人が立ち上がる事によって
「いわき」が「世界」が変わる...を示唆した会であって欲しいと個人的には思った次第

ま、主催者のお考えもある事ですし、これは私の勝手な妄想なのかも知れませんが..
この会の発展と主催者側の更なる活躍に期待します

これからも場所を変えてこのイベントは行われるようです
「まちヨミ+いわき」
読書会facebookページ

実はそもそも読書会なるもの、この歳になるまで知らなかったですね
だいたい本というものは一人で読むものだと思っていたし..

グループで読書会を開く..皆さんも一度参加してみてはいかがでしょう

Leave a Reply

Your email address will not be published.