2018年2月26日 月曜日

コンセプトmbedボード

MBEDを利用して、何ができるかを考えるとキリがないので
とにかく「これは役に立つ」と思いついたらもう作ってしまおう
という事で今回作ってしまったのがこの基板
ーー MBEDリレーボード ーーmbedリレー基板このボードは、シーケンサーの代役として機能させる事を目的として作りました。
強みは、なんといっても

「コストパフォーマンス」

シーケンサーの受託案件に携わる経験のなかで
複雑なリレー処理ではないのに、わざわざシーケンサーを使用しているアプリケーションが意外に多いのではないかという事に気がつきました。
そこから、「これならMBEDで十分ではないか」という発想が生まれたという訳です。
ですがそもそもMBEDは、アームコアM3を搭載しているので複雑な処理にも十分に対応が可能。さらにロジックを組む作業はこなれたC言語でOKだし、I/Oに関するIPは既に殆ど揃っているので開発コストは劇的に圧縮できる。しかも費用は、シーケンサーの5分の1程度、そして、僕たちならカスタマイズもお手の物...という訳です。

まだ、商品化はしておりませんが、まず今日は、お披露目
ニーズがあれば即商品化します。カスタマイズも喜んで!

もし良いアイディアがあったら、連絡など頂けたたら嬉しいです。
連絡はこちらから>>>

Leave a Reply

Your email address will not be published.