2018年8月15日 水曜日

MADE in JAPAN

この響きに誇りを感じ、そして希望に満ちた未来を想像する事ができますか?
ものづくりに携わる日本人なら、だれもがそうありたいと願っていると思う。

最近お知り合いにさせて頂いた、あるベンチャー企業の社長からこんな話を聞きました。
そう願っているのは、実は日本人だけではない
海外からみた「MADE in JAPAN」は、まぎれもなく驚きや憧れそして信頼に満ちていると..

この会社では、海外市場を開拓する為に海外のメジャーなイベントに参加出展しています。
そこで聞こえてくるのは
「今、日本の会社が出てくるのは珍しいね」
「なぜ日本のメーカーは出てこなくなったんだ」
「私達は貴方達のような日本メーカーを待ってたんだよ」
「是非一緒にやらせてくれ」
こんな反応なのだそうです。

ある意味「MADE in JAPAN神話」はまだまだ生きているということ
この社長は、今我々がやるべき事は確かにある、自信を失っている場合ではない!
世界初のものは日本から出したい。という考えで、今ではもうすっかりアジアがその拠点になっているタブレット端末の開発・製造を日本でやろうとしているのです。


ですが、それを実現しようとするとやはり「コスト」という壁がたちはだかります。加えて今の日本には、すでにアジアに流出してしまったことで国内で受け継がれていない技術があってこの技術の空洞化は大きな問題をふくんでいます。

ーーーーーーーーーーー
大手メーカーが製造をアジアにシフトする..と
だったら開発も現地でやろうか..となり
なので日本には製造も開発技術も残らない..となる。
日本のメーカーの役割は、次の先端技術に投資をして新しい製品の開発をする事で
技術の使い捨てと言ってしまうと言い過ぎかも知れませんが、このサイクルを巧く廻すことで
日本のものづくりの歴史は作られました。
ですが、要素技術に特化するあまり、それを賢く使い切る事に注力して来なかった所が
日本のメーカーの残念な所だし、それによって貴重な技術を失ってしまったと僕は思います。
ーーーーーーーーーーー

今、日本でタブレット端末を作ろうとすると、やはりこの問題に直面します。
実は日本では、セキュアチップを取り扱えるエンジニアがすっかり陰を潜めてしまいました。
大手メーカーにでさえ、はたしているのかいないのか...
少なくともこれに関するデバイスメーカーのサポート部隊は既に日本にはありません。
デバイスを使ってくれるユーザーが日本には居なくなったのです。

そんな問題を抱えながらも
「世界は MADE in JAPANを待っている」「大手がやらないなら僕がやる」
とタブレット端末の開発に取り組むベンチャー企業の社長

後押ししない訳にはいかない

「MADE in JAPAN」と広義の意味でとらえると、それぞれが抱える問題は多義に渡ると思いますが
エレクトロニクスに関わる課題に取り組むのは僕たちの役割だと思うし、それに前向きに取り組んでいる方々とは、積極的に力を合わせてやっていきたいと思います。